この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺人など一定の重大事件に限って傍聴を認めるよう法改正を行うべきだとして素案を出しているのに、どうして被害者はこれほどぞんざいに扱われてもいいのでしょう?。

法は誰を守りたいのか。ましてや冤罪かもしれない人を、強制された自白のみで有罪としてしまうのはとても簡単なのに、無罪という判決を出す勇気なんて、裁判官の心にはないんだろうなというよい例だと思うのです。

iZa 06:12更新
 自民党法務部会小委員会が、原則非公開となっている少年審判を犯罪被害者や遺族が傍聴できるよう少年法を改正すべきとした素案をまとめたことに対し、被害者の遺族や弁護士らでつくる「被害者と司法を考える会」が8日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、反対意見を表明した。

 会見には、東京都世田谷区で平成9年、ダンプカーにひかれて二男の隼(しゅん)君=当時(8)=を亡くした同会代表、片山徒有(ただあり)さん(51)らが出席した。

 自民党素案に反対する理由として、心の傷が癒えない時期に審判を傍聴することは被害者にとってかえって負担になる▽少年の更生を目標にした少年審判では被害者が納得できる真相解明を期待できない-ことなどを挙げ、「被害者の不条理感、制裁を求める気持ちは理解できるが、それを少年審判にすべて求めるのはどうかと思う」と訴えた。

 少年審判をめぐっては、13年の改正少年法施行に伴って、被害者らが意見陳述できるようになったが、裁判官の許可が必要となる。このため、被害者らから審判を傍聴できるよう求める声があり、自民党法務部会小委員会は今月、殺人など一定の重大事件に限って傍聴を認めるよう法改正を行うべきだとした素案をまとめていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretwall.blog118.fc2.com/tb.php/60-6a9fc91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。