この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 中部弁護士会連合会の定期大会が19日、金沢市内のホテルで開かれ、日弁連の平山正剛会長が記者会見を開いた。富山県警に強姦容疑などで逮捕された男性が服役後に冤罪(えんざい)と分かった事件について、「(当時の)弁護人が話を聞き出して、より真剣に取り組めなかったのか」とし、十分な調査を行っていくとした。
 日弁連では取り調べを録音、録画する可視化を目指している。平山会長は「可視化がなされていれば(富山のような)冤罪は起きなかった。捜査当局にも自白の強制などが防げるので有利」とした。また地方で弁護士不足が問題となっている状況に、村上文男副会長は「(都市部から派遣され)2、3年で交代するのではなく、定着できるよう、事務所開設などで経済的支援を行っていく」とした。

 大会では裁判員制度を想定した模擬裁判の経験者によるシンポジウムを行い、悪質商法の被害をなくすための法改正を求める決議などを採択した。【栗原伸夫】
毎日新聞 2007年10月20日
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretwall.blog118.fc2.com/tb.php/52-33624fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。