この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の法務部門会議は25日、取り調べの録音、録画を義務づけ可視化する刑事訴訟法改正案を再提出することに関連し、富山県氷見市の冤罪(えんざい)事件で誤認逮捕された元タクシー運転手柳原浩さん(40)と鹿児島県議選を巡る選挙違反事件で無罪判決が確定した中山信一さん(62)を招き、ヒアリングを行った。

 柳原さんは、警察官に弁護士の依頼を要求したが断られたことや、「おまえの姉が間違いないと認めている」などの誘導尋問を受けたことなど、冤罪を生んだ取り調べの実態を説明。「可視化されていればこういうことにならなかったという思いでいっぱいだ」と取り調べの可視化の必要性を訴えた。

 中山さんも「担当刑事は土下座までして罪を認めてくれと言った。可視化であればすぐに(取り調べの実態が)わかる」などと主張した。

(2007年10月25日12時17分 読売新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretwall.blog118.fc2.com/tb.php/36-429ed320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。