この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死刑求刑の男に無罪 広島市の放火殺人
 広島市西区で平成13年1月、保険金目的で母親=当時(53)=を殺害し、放火して預けていた娘2人も焼死させたなどとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われ死刑を求刑された元会社員、中村国治被告(37)に対する判決公判が28日、広島地裁で開かれた。細田啓介裁判長は「自白に問題点があり立証が不十分。被告の犯行とするには合理的な疑いが残る」として、無罪を言い渡した。死刑求刑事件での無罪判決は異例。
 中村さんの犯行を直接裏付ける証拠はなく、自白調書の任意性や信用性の有無が争点だったが、判決は自白に偏った捜査に警鐘を鳴らす形となった。
 これまでの公判で、弁護側は「自白は別件の詐欺事件で起訴した後の拘置中に得られたもので、違法収集証拠にあたる」として無罪を主張。これに対し検察側は「供述には捜査員が知り得ない体験が含まれ迫真性があり、取り調べも適法に行われた」としていた。
 中村さんは別の詐欺事件の容疑者として昨年5月に元妻とともに逮捕され、起訴後に放火殺人事件への関与を自供。13年1月17日未明、母親を絞殺した後、母親宅に放火して長女=当時(8)=と二女=同(6)=を焼死させるなどし、3人の死亡保険金など計約7350万円を詐取した、として起訴された。しかし公判では全面的に否認していた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretwall.blog118.fc2.com/tb.php/112-6297f001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。