この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富山の冤罪(えんざい)事件や鹿児島県議選をめぐる無罪判決などで取り調べの在り方に批判が高まっていることを受け、国家公安委員会は1日、警察庁に対し、取り調べの監督強化など4項目について対策を求める決定をした。同庁は年内に指針を策定し、取り調べの適正化に向けた取り組みを推進する。
同庁は捜査部門を監督する部門の新設を検討。同部門では取り調べ状況を捜査外の立場からチェックするほか、容疑者、弁護人からの聞き取りや取調室の状況の確認を通じ、規範を逸脱した行為がないか把握することなどを検討する。
 同庁によると、国家公安委員会が取り調べなどに関して決定をするのは極めて異例。
 鹿児島の無罪判決を受け、同庁は3月に緻密(ちみつ)かつ適正な捜査の徹底を求める通達を出すなどしてきたが、2009年5月までに始まる裁判員制度も踏まえ、取り調べ状況に対する一般の理解を得る必要があるとして、さらに踏み込んだ対策を打ち出す方針を決めた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretwall.blog118.fc2.com/tb.php/11-b021bc29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。