この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の体験談を読んでいただいてもわかりますが、容疑者扱いではなく、「犯人」である私が、取調室で捜査員に、従順な「はい」「そうです」以外の返事をしなくなるまでにどんなことがあったかを録画しないと、証拠として全く意味がないです。

壁を握りこぶしのグーで力いっぱい殴りつけるなんてものを目の前で見たことはありますか?。
金属の机の脚が曲がるくらいの蹴りを見たことはありますか?。

ごく普通の生活をまっとうに送っている人は、一度も見たことがないと思います。
では、目の前で、承知せんぞ!、お前がやったんや!などと大声で怒鳴る人物が、取調べ官で、一杯の水やトイレ休憩さえ勧められず、30度を超える猛暑の部屋の中で、壁や椅子が変形するのを目の当たりにすると。

あなたも自白しませんか?。

話、聞いたろ。
だからやってない、知らない。
ぐちゃぐちゃ訳のわからんこというてたら承知せんぞ!。(壁を殴り、机の脚を蹴る)

これが何時間も続くのです。

そして、死んだ方がましじゃないか、と自白を始めたら、とても紳士的に優しい。

それでは、DVD撮影を始めます。優しく丁寧な声で取調官は容疑者に語りかけます。

あなたがやったんですね。「はい」
これは事実ですね「間違いありません」

あなたはここで、「いいえ」と言えますか?
「いいえ」と答えた後の状況を考えてください。

本当にビデオDVDテープが回っているからといって、真実を語れますか?。

そんな勇気と忍耐と信念と根性のある方は、おそらく裁判で戦っているのだと思います。
でも、認めれば、2日で釈放、そして罰金10万円。

認めなければ地獄。

あなたなら、どちらを選びますか?。それでも正しい道を選べますか?。
私は誤った道を選び、そして罪人であることを自ら認めました。
でも、なんとかなるだろうと。
甘かった。この続きは体験記の続編に続けます。
(体験記の前編はカテゴリーの「私の冤罪体験談」7記事を参照ください。)



録画から「任意性に疑い」と調書却下、大阪の殺人未遂公判
11月15日3時16分配信 読売新聞
スポンサーサイト
強姦したことが明らかなのに、不起訴なんですね。

痴漢などの犯罪の場合、犯罪者とされた人の取るべき行動は、真実を明らかにすることでもなく、取調べで自分の無実を訴えることでもなく、金で示談に持ち込み、告訴を取り下げてもらうというのが、弁護士の勧める方法だそうです。

おかしくないですか?。

犯罪をやったなら、被害者が告訴を取り下げようが、有罪。
冤罪であれば、被害者がアイツが犯人だと断言しようが、無罪。

それが法の下の平等ではないのでしょうか?。

痴漢の告訴を取り下げてもらうための相場は数十万円らしいです。
実際にお金儲けや、お遊び目的で「この人痴漢です」と気軽に警察に突き出し、冤罪被害者を生み出した痴漢されたと主張する被害者が、もし加害者だと判明した場合、冤罪被害者と同じくらい、人生をめちゃくちゃに壊されるくらいの罪に問われるのでしょうか?。否です。

強姦でも無実。やっていない身に覚えもない罪で有罪。

この国の法律はこれが正しい判断です。

正しいですか?。
 取り調べの透明化に消極的だった警察庁が、やっと改善へ動きだした。

 各都道府県警に刑事部門以外の新しい組織をつくり、取り調べを監視・監督するという。来年度にも実施に踏み切る。

 鹿児島県の選挙違反無罪判決や富山県の強姦冤罪(ごうかんえんざい)事件など、警察の捜査や司法に大きな汚点を残す不祥事が今年、相次いで明るみに出た。取り調べが妥当かどうか、検証可能にする仕組みが要るとの世論を背景に、国家公安委員会が適正化を求める事態にまでなり、透明化に真剣に向き合わざるを得なくなったということだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。