この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
警察庁の吉村博人長官は1日の記者会見で、捜査の適正化を求める国家公安委員会の決定を受け、取り調べ状況を監督する部門の新設に加え、深夜や長時間の取り調べを原則禁止する方針を明らかにした。同長官は「決定を重く受け止める。取り調べの形において不適正なことがないよう、チェック機能を強化する」と述べた。
スポンサーサイト
警察庁が取り調べの適正化を図ることを決めたことに関連し、吉村博人長官は1日の会見で「深夜や長時間の取り調べは原則禁止することも検討したい。やむを得ない場合は警察本部長や署長の承認を原則とするなど時間管理の厳格化ができないか」などと述べた。
宮城県色麻町で平成18年9月、トラックでバイクの高3の男子生徒と衝突して死亡させたとして業務上過失致死罪に問われた富谷町の会社員、 被告 の控訴審判決公判で仙台高裁は1日、禁固1年、執行猶予3年とした仙台地裁古川支部判決を破棄、無罪を言い渡した。
法務省は1日、刑事裁判で被告が無罪となった国選弁護人に対する報酬を最大2倍にするなど、国選弁護人の報酬を一部引き上げた。

 富山県氷見市の冤罪(えんざい)事件などでは、国選弁護人の消極的な対応が批判されており、日本弁護士連合会(日弁連)は報酬増額を求めていた。
富山県の冤罪(えんざい)事件や被告全員が無罪となった鹿児島県議選をめぐる公選法違反事件などで、警察の取り調べに対する批判が高まっていることを受け、警察庁は1日、取り調べの監視監督機能を捜査部門以外が行う新たな制度を導入する方針を固めた。

 年内にも指針を作成、早ければ来年度にも警務など別部門に新たな組織をつくり、各警察本部で実施に移す。
富山県の冤罪(えんざい)事件や鹿児島県議選をめぐり逮捕された全員が無罪となった問題などで、警察の取り調べのあり方への批判が高まっていることを受け、警察庁は1日、取り調べの適正化に向けた指針を策定する方針を決めた。国家公安委員会が同庁に対し、取り調べの監督強化などの対策を求める決定を出したことを受けての措置で、同庁は捜査を監督する部門の新設など、具体的な対策を年内をめどに示す。
富山の冤罪(えんざい)事件や鹿児島県議選をめぐる無罪判決などで取り調べの在り方に批判が高まっていることを受け、国家公安委員会は1日、警察庁に対し、取り調べの監督強化など4項目について対策を求める決定をした。同庁は年内に指針を策定し、取り調べの適正化に向けた取り組みを推進する。
富山県警が強姦(ごうかん)容疑などで逮捕し、服役を終えた男性が無実と判明した冤罪事件や鹿児島県議選買収事件で12人の被告全員が無罪判決を受けるなど、警察による取り調べのあり方が批判されていることを受けて、国家公安委員会は1日、警察庁に取り調べ適正化の具体的対策を講じるよう求める決定をした。同庁は取り調べを担当する捜査部門でなく、別の部門の警察官が容疑者から聞き取りするなどして取り調べを監督する体制を整備し、それに向けた指針を年内にもまとめる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。