この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりにも無意味で、現場の取調べを本当に知らないのか、知っていてとぼけているのか、キャリアの警察官には想像も出来ないのでしょうか、取調べ室で行われている非道な行為に関して、という内容でした。

私の取調べでは、あまりの暑さもあり、途中から一時、取調室のドアを開放したまま取調べが行われることもありました。
怒号、机を蹴る音、など、扉を開放しなくても聞こえるかもしれない大きな音が鳴っていたと思いますが。

誰一人、それを常軌を逸する行為と感じ、止めに入る警察関係者など、いませんでした。

のぞき窓やマイクを付けることが大事なのではなく、いきすぎた違法な行為があった場合にすぐに仲裁に入る組織や人間が必要なのだと。

ただ、先日も書きかけて、いまだに書けていないですが、犯人に威圧感、恐怖感を感じるくらい、調べる側(警察?)が高圧的で、相手を完全に制御、支配するような状況でもない限り、犯行をやっていない人はもちろん、やった人も、やったと認めれば犯罪になるわけなので、よほどの取調べをしない限り、自分がやりましたなどと、犯行の自白をしないであろうことが、考えられます。

そう考えると、自白というものが、証拠として採用されるに値しないものであるという結論にまで達するのですが。

やっていようがいなかろうが、さらには、自白をしようがいまいが、警察や検察は、自分たちに都合のいい部分だけを作文にして、自白としてまとめ、それを証拠として、犯罪を立件し有罪にしたいわけなのですから。

行き着かなければいけない結果が見えているのに、自白がそれにそぐうものでなければ、取調べは終わらないだけの話で。
さらに、問題なのは、やっていないことをやっていないからわからない、自白しないと、裁判や報道でで、反省の色がない、とされ、罪が重くなる傾向にあるように感じることです。

素直に自白すれば、悪いようにはせん。

確かに、日本の裁判を考えると、素直に自白して反省の色を深く示せば、人殺しだって、慈悲深く温情を持って裁いていただける。
心の中で、何を考えていようとも。

マイク、のぞき窓 取調室に設置検討 警察庁長官
11月27日8時2分配信 産経新聞
スポンサーサイト
女性の方は不快だと思いますが、冤罪を語るには避けては通れない問題なのでご容赦ください。

性を辱める(主に男性が女性を)犯罪で、最も穏便な解決方法は「示談」です。
要するに、お金を払うことで、犯罪自体をなかったことにするという方法です。

弁護士も示談を勧めますし、示談にならなければ、自白を強制させられ冤罪で有罪となることも非常に多いのです。
裁判になれば、男性がやったかやっていないかではなく、女性の被害を受けたという事実が唯一の証拠となります。
男性がやったかどうかは、どうでもいいこと。
女性が被害を受けたのはこの人だという証言が唯一の動かぬ証拠で、その証拠は無条件で信用に値する証言だとされます。

強姦でも、先日、アメリカ兵に集団で犯されたと訴えた女性が、実は事前に合意があったり、お金のトラブルであったりと、証言に信憑性がないとされ、アメリカ兵は無罪放免となりました。
しかし、このような国際的な障壁問題でもなければ、警察は、男性側の犯罪がなかったことを証明するよりも、女性側の犯罪が行われたことを証明し、犯罪として立件するほうがよほどに簡単ですし、さらには、犯罪がなければ自分の実績にもならず時間の無駄。冤罪でも逮捕立件有罪にしてしまえば、自身の査定に有利になるとなれば、一文の得にもならないことに身を裂くよりは、楽な方に流れるのが当たり前のことでしょう。

自白を強制させられる現場の状況は、私のこのブログでいくつも書いてきました。
自白の強制を拒むことなど、かなりの信念と2週間の強制的な拘留で職を失ってでも戦う勇気、そして、裁判で戦っても有罪になる可能性が高いという恐怖と戦いながら裁判を続ける根気、いずれも相当の覚悟が必要です。

憎むべきは、犯罪と、犯罪を犯した犯人であるのに、明らかな犯罪者が社会的制裁を受けるにせよ、無実(当然前科なし)で解決、限りなくシロに近い冤罪被害者が有罪で前科もちでは、法の下の平等に反すると思うのですが。

これが日本の法であり、法の下の平等であるという現実だけは知っておいて欲しいです。

引用記事
集団強姦の財務省2職員を懲戒免職
先日の「トンデモ会社員、電車内で座り込む少女蹴る」の話に関係するのですが、殴ってしまうと示談にならなければ「傷害罪」になります。

それが正しいのでしょうか?。

そして一方で、示談で解決になってしまうという事実も、正しいのでしょうか?。

裁判になれば確実に有罪、だから法律家や弁護士は示談を勧める。
そんな法律や裁判は正しいのでしょうか?。

もし、これが一般人がやった犯罪であれば、
報道されたか?。
示談に持ち込めたか?。
裁判になったら有罪になったか?。
社会復帰は出来たであろうか?。名誉回復はどうだろうか?。
自分が冤罪で捕まって、こういうケースで何か対応された方がいるのか?、いるならば、どのように対応されて結果はどうなったのかなどを知りたくて、ネットを使って調べ始めて、気がついたことなどを書こうと始めたこのブログです。

まずは、冤罪に関係する事件を引用することで、どのくらいそういう事件があるのか?そしてそういう事件はどのように報道されているのかを知りたくて、とりあえずブログの記事にして引用もし始めました。そしてブログに慣れてきたので、コメントを付けてみました。

やってみて、とりあえずわかったことといえば、

1、冤罪の事件は思ったよりも多い。
2、冤罪で無罪になるケースがここ1年くらい非常に増えてきた(ように感じる)。
3、痴漢や迷惑防止条例などの犯罪で逮捕される事件も少なくない。
4、予想通り、マスコミの勝手な決めつけ報道や見出しが目立つ。もちろん冤罪であった軽微な犯罪で、後に冤罪であったから、報道した事実が間違っていたからといって謝罪をしたという報道は皆無。
5、刑が軽微な事件でも報道されるケースも少なくない。しかし、報道するか否かの選択が行われている。これは、社会的に事件の重大性がというよりは、面白おかしく、いわばワイドショーのネタに紹介されているケースが多いと感じる。

その他、うまく書けないけれども、冤罪を生む警察の問題もあるが、それを報道する、マスコミのの問題性なども顕著だと、自分なりにわかってきました。

自分で自分のブログを読み返してみて、今までのスタイルでは、自分の主張もわかりにくいし、冤罪で何かにすがりたいとネットを検索される方の役にも立てない感じがするので、自分なりに変えていきたいとも考えています。

私の目的は、
私自身はすでに有罪で前科もちになってしまっていて、裁判すらする権利がなくなっている。
そういう法律のおかしさを知ってもらうと共に、
裁判に持ち込むべきか、泣き寝入りすべきかの判断材料や、今後の裁判や法律、弁護士の意識を裁判員制度を勤めさせられる一般の市民によって変えていただける、さらには、冤罪を少なくすることができるのではという感があります。

これからも、もう少し役に立てるようなものを書いていければと思っています。
公判のポイント…「バカヤロー」発言や過度の威圧はあったのか?
08:23更新 iza

捜査から逮捕までかなり時間がかかり、さらには、現行犯逮捕でもなく、冤罪の可能性も少ない犯行の取調べと比較するのは難しいですが。

自身の体験談にも書きましたが、私人による現行犯逮捕で捕まって、警察で話を言えばすぐにわかってもらえるだろうというような、気軽な気持ちな「犯罪加害者」が、取調べ室で、いきなり「部屋を閉め切られ」「怒鳴りつけられると」

どうなるか?。

以前、書きかけて、まだ書けていないのですが、取調べの可視化を全てに求めるのは、私は反対です。殴られようが怒鳴られようが、自白さえしなければ逃げおおせられる、又は、刑が飛躍的に軽くなることを知っている犯罪慣れした本当の犯罪者にまで、弁護士は可視化下でない状況で行われた自白には意味がないなどと主張するようになれば、取調べそのものが無意味になるでしょうから。

しかし、いきなり、お前が犯人だと恫喝され、壁や机を殴る蹴るされ(この辺りは以前書いたものと重複するので書きません)。

恫喝の後、優しい取調べ官と交代、さらにまた怖い取調べ官に変わり、を繰り返されると。

自分で書いていて、同じことの繰り返しが増えてきた感がします。
記事にコメントを付けていく方法が、自分にも出来ていいと考えて、始めましたが、自分で読んでも、言いたい論点がはっきりしない、ましてや冤罪被害で何か得たいと思う人のためにも役に立たないと感じる所が出てきましたので、そろそろまたブログのやり方を変えて、自分の言いたいことのまとめ等も載せていきたいと考えています。

これからも愛読のほどよろしくお願いいたします。

記事紹介に関しては、自分が拾い集めた記事を、これからも載せていきたいと思っています。
理由は、自分が冤罪で被害を受けた時、ネットでそのような裁判や、判例がないか探しても、個々の戦っている裁判を紹介している人のHPやブログは出てくるのですが、自分のような場合に戦ってどうなるか?、戦う意味があるのか?などの答えがなかなかに見つけ出せなかったことがあります。

まだ、ブログを始めて間もないので、とてもまとまりがなく、見難いものですが、修正して、冤罪で戦う人の勇気に繋がる何かになればいいと考えています。
トンデモ会社員、電車内で座り込む少女蹴る

短い行数で報道しなくてはいけないのはわかりますが、勝手に「トンデモ」と偏った表現をするのはいかがなものかと感じます。

もちろん、蹴った行為は100%悪いことですが。
では、注意して逆に脅されたりした場合、正当防衛で足が当たった場合でも、高校生が蹴られたと言えば、会社員は、一方的に蹴りつけた「トンデモ」な人間だと報道されますよね。

一方的に被害者とされた者のみの意見を正しいと報道する姿勢はおかしいと思います。
死人に口なし。
私の訴えているような、冤罪とは違う問題ではありますが、こういう問題も確かにあるのでしょう。

本来、真っ先に救済されなければならない人が、ないがしろにされ、簡単に話が聞けて、自分たちがそうであって欲しい状況にできる方向に事件を誘導し、確定させる。

何故か?。

きっちりとした仕事をするよりも、いかに早く事件を解決したことにして書類を書き上げることが求められるからなんでしょう。またこの問題も考えていきたいと思います。

私も「女子高生」に「下半身露出」した犯人で間違いないと断言され有罪になりました。
とても人事とは思えません。

私はただ、道を普通に歩いていただけなのに。(詳しくは私の冤罪体験談 参照)

一方で、こういう記事では、必ず、酒に酔っていたなどといういい訳が聞かれ、酒に酔っていれば許されるような意識が男性や報道関係者にはあるのかもしれません。酔っていようがしらふであろうが、犯罪の重さには変わりないと思うのですが。

取調べで、射精した精液を現場で採取するぞ等も言われましたが、正直、それを実行してもらえば良かったとも思います。尿道に管を突っ込んで検査するぞ、などと言われることもあるらしいです。
やっていないことなので、検査を受ければ無実が晴れるのであれば、本当にやってもらったら良かったとすら思うわけです。今からでは手遅れな話ですが。

高校生が遊びで私を犯人にしたのでなければ、それこそ、勃起した犯人のペニスと私のペニスが本当に同一の物かを、犯行が行われたとされる場所から眺めてもらい、実際に彼女たちが見た物と一致するのかどうかという検証すらやっていただきたいと感じたりします。

第一、女子高生が眺めている前で私のペニスが勃起するかどうかは自信がありませんが。

逆に酔っていて、男性に記憶が本当になければ、女子高生の主張が100%通ることは間違いない(しらふですら自白を強要され、犯罪者に仕立て上げられるのですから)ことと考えます。

本当に被害にあった女子高生には本当に失礼なコメントではあると思いますが、彼女が見たとされる男性のペニスが証拠であるなら、その大きさや形、色や特徴など、を被害者の口からきっちりと聴いた上で、加害者のペニスの特徴と比べるくらいのことはやってもらってもいいとすら思います。それだけで、明らかに嘘か真実かわかるのかもしれないのですから。

加害者とされる人間は脅迫と脅しでやってもいないことを自白させられるのに、被害者とされる人の取り調べは非常に丁寧にされる。これはおかしなことだと思うのです。

被害者が加害者であることもある、これらのケース。

ありえないことと思う方が大半だと思います。

女子高生も被害にあって本当に同じ男性としてそんな卑劣な行為をする人間がいることを申し訳ないと考えます。
しかし、女子高生の勝手な主張で何もやっていない人間が職を失い、信用を失い、人生がめちゃくちゃにされることもあるということをわかってもらいたい。

タレントのベッキーさんがテレビに出てくる毎に、彼女の痴漢(私人による現行犯)逮捕自慢と、彼女が続けて言い放った、その人が本当の犯人かどうかわからないけど、というコメントがいつまでも耳に響きます。本人はスカッとして終わりでしょうが、捕まった方の人生がどうなったか、全く気にも留めていない。(もちろん、彼女は誰かに触られたのは事実なのでしょうが)

すいません、自分の言いたいことを書きなぐってしまって。
でも、ありえないことがあるんです。それだけはわかっていただきたい。

明日、あなたが、女子学生に人生をめちゃくちゃにされる番かもしれません。
捕まったら最後、弁護士や法律、裁判官はあなたを有罪にすることしか考えません。
満員電車に乗らなくても、ただ道を歩いているだけで、犯罪者になります。

被害者は嘘をつかない。
あなたは加害者で憎むべき卑劣な男。

それが現実です。

男性と女性のまた下の差が約14センチあり、「女性の被害部位には男性の下腹部が当たりようがない」と認定したことが決定的だったようですが、逆に、同じくらいの背丈ならば、やっていないことの証明のしようがなかったということにもなりますよね。

やったことを証明する(この人にやられたでOK)のは簡単。
やっていないことを証明するのは非常に難しいのです。

やっていないことが証明されるケースは少ないと思いますが、自白を拒み続け、裁判で戦って無実を証明し、名誉を回復されたこのケースは、私たち冤罪被害者にとって非常に心強いです。

ただし、確実に20日拘留され、場合によっては、罪を認めず悪質とマスコミに報道をリークされ、実名が出て報道されたかもしれません。もちろん裁判をやれば、名前が公になります。

この方が、裁判には勝ったが社会復帰は出来ていないとすれば、本当に痛ましいです。

あと、求刑・罰金50万円とのことですが、本来この罪であれば、10万円程度の罰金ではないのでしょうか?。罪を認めない=反省がない、そして罪がさらに重くなるという恐怖もあります。この辺りは、また次の記事があったときに考えたいと思います。

<痴漢>愛知県職員の男性、無罪が確定
私の体験談を読んでいただいてもわかりますが、容疑者扱いではなく、「犯人」である私が、取調室で捜査員に、従順な「はい」「そうです」以外の返事をしなくなるまでにどんなことがあったかを録画しないと、証拠として全く意味がないです。

壁を握りこぶしのグーで力いっぱい殴りつけるなんてものを目の前で見たことはありますか?。
金属の机の脚が曲がるくらいの蹴りを見たことはありますか?。

ごく普通の生活をまっとうに送っている人は、一度も見たことがないと思います。
では、目の前で、承知せんぞ!、お前がやったんや!などと大声で怒鳴る人物が、取調べ官で、一杯の水やトイレ休憩さえ勧められず、30度を超える猛暑の部屋の中で、壁や椅子が変形するのを目の当たりにすると。

あなたも自白しませんか?。

話、聞いたろ。
だからやってない、知らない。
ぐちゃぐちゃ訳のわからんこというてたら承知せんぞ!。(壁を殴り、机の脚を蹴る)

これが何時間も続くのです。

そして、死んだ方がましじゃないか、と自白を始めたら、とても紳士的に優しい。

それでは、DVD撮影を始めます。優しく丁寧な声で取調官は容疑者に語りかけます。

あなたがやったんですね。「はい」
これは事実ですね「間違いありません」

あなたはここで、「いいえ」と言えますか?
「いいえ」と答えた後の状況を考えてください。

本当にビデオDVDテープが回っているからといって、真実を語れますか?。

そんな勇気と忍耐と信念と根性のある方は、おそらく裁判で戦っているのだと思います。
でも、認めれば、2日で釈放、そして罰金10万円。

認めなければ地獄。

あなたなら、どちらを選びますか?。それでも正しい道を選べますか?。
私は誤った道を選び、そして罪人であることを自ら認めました。
でも、なんとかなるだろうと。
甘かった。この続きは体験記の続編に続けます。
(体験記の前編はカテゴリーの「私の冤罪体験談」7記事を参照ください。)



録画から「任意性に疑い」と調書却下、大阪の殺人未遂公判
11月15日3時16分配信 読売新聞
強姦したことが明らかなのに、不起訴なんですね。

痴漢などの犯罪の場合、犯罪者とされた人の取るべき行動は、真実を明らかにすることでもなく、取調べで自分の無実を訴えることでもなく、金で示談に持ち込み、告訴を取り下げてもらうというのが、弁護士の勧める方法だそうです。

おかしくないですか?。

犯罪をやったなら、被害者が告訴を取り下げようが、有罪。
冤罪であれば、被害者がアイツが犯人だと断言しようが、無罪。

それが法の下の平等ではないのでしょうか?。

痴漢の告訴を取り下げてもらうための相場は数十万円らしいです。
実際にお金儲けや、お遊び目的で「この人痴漢です」と気軽に警察に突き出し、冤罪被害者を生み出した痴漢されたと主張する被害者が、もし加害者だと判明した場合、冤罪被害者と同じくらい、人生をめちゃくちゃに壊されるくらいの罪に問われるのでしょうか?。否です。

強姦でも無実。やっていない身に覚えもない罪で有罪。

この国の法律はこれが正しい判断です。

正しいですか?。
 取り調べの透明化に消極的だった警察庁が、やっと改善へ動きだした。

 各都道府県警に刑事部門以外の新しい組織をつくり、取り調べを監視・監督するという。来年度にも実施に踏み切る。

 鹿児島県の選挙違反無罪判決や富山県の強姦冤罪(ごうかんえんざい)事件など、警察の捜査や司法に大きな汚点を残す不祥事が今年、相次いで明るみに出た。取り調べが妥当かどうか、検証可能にする仕組みが要るとの世論を背景に、国家公安委員会が適正化を求める事態にまでなり、透明化に真剣に向き合わざるを得なくなったということだろう。
 富山県で起きた冤罪(えんざい)事件は、無実の市民が犯罪者に仕立て上げられる危険性があることを、あらためて示した。

 タクシー運転手をしていた氷見市の柳原浩さん(40)は二〇〇二年に起きた二件の強姦(ごうかん)事件などの被告として有罪判決を受け、約二年一カ月間服役した。その後、真犯人が判明し、再審判決公判で富山地裁高岡支部は、柳原さんに無罪を言い渡した。

 名誉は回復されたが、服役した時間は元に戻らない。警察と検察は捜査、起訴の在り方を十分に反省し、過ちを繰り返さないようにしてもらいたい。


[富山冤罪事件] 誤審に至る過程解明を
( 10/12 付 )
 強姦(ごうかん)罪などで服役後に無実と判明した富山冤罪(えんざい)事件の再審判決公判が富山地裁高岡支部であった。無罪判決は当然としても、被告で富山県に住む柳原浩さんの失われた歳月が返ってくるわけではない。

 再審公判は、誤認逮捕から誤審に至る実態は解明しなかった。冤罪の背景に刑事司法の構造的な問題があることを明らかにしたいという希望を無視したもので、柳原さんが「真実は闇に葬られたままで納得いかない」と憤るのは当然だ。

社説(2007年10月12日朝刊)

[富山・冤罪事件]

自白偏重を猛省せよ

 何故、誤認逮捕され、誤判されたのか。その真相が闇に葬られたままでは、到底納得がいくはずがない。
 真相を解明することが冤罪を防止する手だてになる。司法はその判断を放棄したに等しいといえよう。

 別の事件の逮捕者が真犯人だと自白したため、刑期を既に終えていた富山県の柳原浩さんが裁判のやり直し(再審)を求めた富山冤罪(えんざい)事件で、富山地裁高岡支部は柳原さんの訴えを認め、無罪とする判決を言い渡した。判決理由で真犯人を別の男性とほぼ断定し、柳原さんが「犯人でないことは明らか。検察官の起訴事実は犯罪の証明がない」と述べた。
 富山県警に強姦などの容疑で逮捕された柳原浩・元被告(40)が服役後に無実と判明した冤罪(えんざい)事件で、柳原さんに対する再審判決公判が10日、富山地裁高岡支部で開かれた。藤田敏裁判長は「真犯人がいるのは明らかで(柳原さんには)犯罪の証明がない」として無罪を言い渡した。
私のやっていることは自己満足かもしれませんが、ネットで調べてみても、裁判で係争中の方の自分の裁判に関する主張はよく目に付きましたが、いわゆる、軽微な(痴漢や公然わいせつ罪の被害に合われた方には申し訳ない、ただ、罪(罰金10~30万程度)として軽微という意味です。)犯罪で自白を強制されて有罪となり、今も社会で普通に暮らしている冤罪被害者の声は聞かれませんでした。

おそらく警察の都合と、裁判官や弁護士の不正義により、犯罪者にされ人生をめちゃくちゃにされた人は、この国の裁判で少なくないと確信するのです。誰かが声を出さなくてはこの国の裁判や警察のおかしさに誰も気がついてはくれないのだと思うと、怖くはないですか?。

冤罪被害者にとって、弁護士や裁判官は味方ではないのです。警察はいうまでもなく。

罪を犯していないのに、裁判で戦うよりも泣き寝入りした方がいいなんて、どう考えてもおかしなことが、この国の法曹界では常識なんです。

ちっぽけな活動ですが、地味に続けて生きたいと思います。
普通に話を聞いてもらえれば、誰もが冤罪だと気付くような冤罪被害者を一人でも救うために頑張らせてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。