この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな人権無視の取り調べが行われたのか、と思うと恐ろしくなる。取り調べに当たった警察官が、刑事責任を問われるのは当然のことだ。
 平成15年の鹿児島県議選の選挙違反事件で、取り調べ中の男性に家族の名前を書いた紙を踏ませる「踏み字」で自白を強要したとして、同県警捜査2課の元警部補(今年8月依願退職)が、福岡地検に特別公務員暴行陵虐罪で在宅起訴された。
 捜査は、鹿児島県警の捜査2課が中心となり、計13人(公判中に1人死亡)が公選法違反で起訴された。
スポンサーサイト
女性暴行事件で富山県警に誤認逮捕され、実刑判決を受けて服役後に無実と分かった元タクシー運転手の再審公判で、富山地裁高岡支部は、この男性に無罪を言い渡し、確定した。
 逮捕から5年半、ようやく男性の名誉は回復したが、再審公判でもなぜ、この元タクシー運転手が容疑者として特定され、どのような不当な取り調べを受けたのか、肝心な点が未解明のまま公判は幕を閉じた。
□前年末に通知/うそで回避は「罰金」/休暇制度も

 一般の国民が刑事裁判に参加して裁判官とともに審理を行い、有罪・無罪の判断と刑の内容を決める裁判員制度が平成21年5月までに始まる。スタートまであと1年半と迫る中、具体的な内容について分かりにくい部分も少なくない。裁判員はどうやって選ばれ、どんな人が辞退できるのか。あなたが裁くことになるかもしれない裁判員制度について、分かりやすく説明する。
亜細亜大学をめでたく卒業し、これから本格的に芸能活動に取り組んでいこうとしているベッキー(22)が告訴される!? 本人がバラエティ番組であっけらかんと語った「痴漢誤認逮捕」の過去。痴漢冤罪事件が社会問題化する中、ベッキーの被害に遭った男性たちが、怒りに燃えて告訴する方向だというのだ。自称「女お笑い芸人」のベッキー、笑えない事態にどう対処する? Weekly Naispo 2006.05.04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。