この国の法律や司法は善良な一般市民を守ってはくれません。 裁判員制度が始まります。何もやっていないのに罪に問われる人を一人でも多く救ってください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、少しPCの接続できる環境になく、更新が停滞してしまったこと、お詫びします。

aaa様、
取り急ぎ、「最後の忘れた頃に来る紙切れ一枚」というのは、私の持っている資格に対して、管轄の所から(あいまいに書くことをお許しください)、処分をするかもしれないという紙切れが来たということです。裁判所や他のややこしい件ではありませんので、その点は安心ください。

そろそろ、拘留期間も過ぎる頃なのでしょうか。
信じて闘うか、信じるけどあきらめる、しか道はないので、弁護士と相談して乗り越えてください。法律や裁判官は正しい判断はしません。あくまで、法律とか世間体とか常識とか?。

認めてしまったら、次の裁判は闘えません。闘うなら徹底して認めないことです。
ただ、書いたように、この犯罪、罪にするのは簡単ですが、罪に問わないことは非常に難しいようです。(前例がないとか、男はそういう生き物だ、被害者は嘘をつかないとか)

どういう道を選ぶかは、最終的には本人の考え次第ですので、弁護士と相談しながら、です。
くどいようですが、裁判で罪を認めたら最後、やはりやっていない!と再度裁判をしようとしても、弁護士も敵になります。勝ち目のない弁護は弁護士にとってもやりたくない案件のようですから。

書き込み消去しておきました、対応が遅くなりすいません。

しら様、
裁判の行方の方は芳しくないようですね。
ネットの制限やら、権力に圧力すら感じますが。
冤罪に無実の判決を出す勇気のある裁判官と、冤罪の可能性があるものを無実と裁ける法律を望みたいところですが、そんなものを変えるには何百年もかかりそうなほど、ですよね。

頑張ってくださいとしか言えないのですが、これからも、正しいことを正しいと判断してもらえる社会にするためにも、頑張ってください。

他、書き込みいただいた方々へ。
どうもありがとうございます。
参考にさせていただきます。


記事の引用だけだと、なんだか訳がわからなくなって、さらに数が多くなると、昔の記事を引っ張り出してくるのも大変だ(というか、こんなに報道されるだけでも冤罪関係の事件が日常でたくさん起こっているとは思わなかったので)、うまくリンクさせるとか、目次を作るとかやってみたいと思っています。

ただ、リンクや貼り付けなど、当方の技術力の低さもあり、今しばらくは記事のコピーペーストで行こうかと思っています。今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
しばらく更新されていなかったようで、何か都合の悪いことでも起きたのかな、と思い、ランキングのクリックも控えていました。そうではなかったようで良かったです。
最近、裁判員制度について気になっています。私は自分で大麻取締法の違憲性を主張する裁判を最高裁まで戦い、この法は生存権を侵害していると一審から言い続けましたが、結局、裁判所は最高裁に至るまで、私の生存権侵害の主張について一言も触れませんでした。裁判所にも黙秘権があるようです。
もし、裁判員制度であれば、裁判員を説得できたのではないかと今でも思っています。
今年、3件の冤罪に直面し、まともな審理すらせず、次々と懲役刑が科されるのを目の当たりにして、恐怖すら感じました。
ネットを探すと、このような司法のデタラメを身をもって経験した人ほど裁判員制度の必要性を認めているように思われます。なぜ裁判員制度が導入されるようになったのか、まだ知識不足ですが、取り調べや裁判が公正に行われていれば必要のない制度なのだろうとも思います。
近頃思うのは、警察や検察が税金を投入して圧倒的な物量で被告人を有罪にしようとするのに対し、被告人にされてしまった国民には身を守る術もないということです。お金がなければ弁護士も頼めない。
検察庁に対峙する公的な組織として「弁護庁」のようなものが絶対に必要だと思うようになっています。

長くなりました。更新楽しみにしています。・・・冤罪事件は楽しくないですけど。
(^^y-~
2007/12/16(日) 06:54 | URL | しら@THC #-[ 編集]
更新しなくてはいけない記事をブックマークまではしているのですが、(ブログを手伝ってくださっていた方が忙しくて、一人でやらなくてはいけなくなったので)なかなか更新が出来ていません。

正直、何か、サイトに問題があったのでは?、もしかしてまた捕まった?(笑えない冗談ですね)と、思われないためにも、何か書こうとは思っているのですが。

もう少し読みやすくするにはどうすればいいのかなとか、更新をしないにもかかわらず考えたりしています。

しら様のサイトでは、「ありえない」現実が現在進行形で起こっていますよね。何の力にもなれないけれど、ブログをちょっと書くだけでIZA版の方では、更新さえすればそこそこに主張を見ていただけることも知りましたので、やはり力ないものは、細々とネット上で情報を発信に続けるという方法は間違いではないのだろうとも確信がもてました。

いつも励ましていただきありがとうございます。

しかし、本当に最近、冤罪事件が多く報道されるようになりましたね。きっと今までも同じ位あったのでしょうが、冤罪とはならなかった、のだと思うと怖いです。

政治家も公安も建前?上冤罪を減らすために動き始めているようですので、少しだけ期待はしてもいいのかなと思っています。

正直、「裁判員制度」は期待できるものかどうかわからないのですが、ネット検索の際にキーワードとして入れておいたほうがいいかもという助言もあり、趣旨に反さないし、いれています。

本当に制度が実施されると、良心の呵責に悩まさせられたり、裁判や取調べがこんなに意味も根拠もないんだと驚かれる一般の人も多くなるだろうなと思ったりもしています。

また、余裕を見て、こちらのブログを更新します。

しら様のサイト、また応援に伺います。
2007/12/17(月) 15:58 | URL | 秘密の壁 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretwall.blog118.fc2.com/tb.php/99-59e37d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。